清水歯科医院

完全自由診療の歯科医院です。保険治療は行っておりません。

噛み合わせ 矯正歯科 かみ合わせ 咬合 顎関節 専門医 埼玉県 大里郡 清水歯科医院
HOME >  診療所案内  > 受診をお考えの方へ

受診をお考えの方へ

  • 歯並びが…、頭痛と肩こりが…、子どもの顔が長くなってきた?

    口元に手をあてて笑っている、大きく口をあけて笑えない、口元が吊れるようで笑顔が作れない、子どもがいじめられたことがある、子どもがいつもクチャクチャ食べている、薄口を開いて閉められない、子どもの発音が悪いと感じている、子どもの顔が最近伸びてきたようで気になる、頭がいつも重く感じる、噛み合わせがしっくりしない…あなた。

    そうですよね。そのつらい気持ち、よくわかります。
    埼玉の清水歯科医院でも、そういう悩みをかかえた患者様がたくさんいらっしゃいます。
    そういう問題はあなたを悩ませ、ご本人にとってとても心配な事柄になります。
    そのような歯並びや口元の癖、カラダの悪い状態を放置しておきますと、

[1] 噛み合わせのズレ
[2] 不明瞭な発音・発語
[3] 精気のない顔つき、肌のつや
[4] 顔の形やアゴのズレ
[5] 猫背や丸背、肩等カラダの歪みや疲れやすい等の症状
[6] 頭痛や腰痛といった慢性痛や不定愁訴  ・・・等の歯科的・医学的問題がおこります。
その悩みを解決する方法として、歯とアゴの矯正治療があります。
歯列矯正という従来の方法もありますが、カラダとの調和バランスを考えたBBFGという顎育成矯正治療を
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?
  • 顎育成矯正とは

    埼玉の清水歯科医院では、自然成長誘導法とBBO療法を組み合わせ発展させたBBFGという矯正治療を行っております。この方法は、従来の歯並び中心の矯正法よりも、アゴの骨の成長発育、呼吸、バランスということに重点を置いています。この矯正をした患者様からは、歯並びの改善に加え、目がぱっちりした、背筋が伸びた、猫背が解消した、頭痛がしなくなった等の嬉しい感想を数多く頂いております。

    また、小児を主としておりますが、成人の噛み合わせの回復を考えた矯正もしております。歯を抜く抜かないの前に、骨が必要な大きさと位置にあるように注意を払いながら、各種療法を組み合わせて矯正治療をしております。

  • 矯正 : 初診相談から治療に至るまでの流れ

    それぞれのお口の状態によって、治療期間や費用が異なります。
    清水歯科医院では、相談時にもカラダを見ております。責任を持ってお話をするということから、相談料を申し受けております。
    ご不明な点がありましたら、遠慮なくお申し出ください。

  • 初診・相談

    相談はまず、お口の状態とカラダを拝見し、自分では気が付かないバランスのズレ、噛み合わせの不正等をお知らせ致します。また治療に関する心配や疑問にもお答え致します。
    【60~90分 料金5,000円(消費税別途) 】

  • 術前検査

    精密検査(レントゲン、歯型の採取、顔や全身の写真撮影、重心動揺検査など)を行います。
    症状によっては検査を追加で行うことがあります。(BBO検査など)
    精密検査の結果を元に、最良の治療計画をたてます。(検査~分析・診断・治療計画まで)
    【60~90分 料金50,000円~、重心動揺検査3,500円 (消費税別途)】

  • 治療計画の説明

    治療方法や装置、期間、費用や支払い方法など、充分に話し合って決定します。
    【60~120分 料金5,000円(消費税別途)】

ここでご了解を頂いて、はじめて矯正治療の開始となります
  • 歯磨き指導

    虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)にならないように、正しい歯磨きの仕方を身につけます。
    治療をされない方も身につけておきたいですね。

  • 矯正装置装着

    矯正装置は、基本的に取り外し式の床装置となります。一人ひとりに合ったものをその都度作ります。
    治療装置を初めて装着する日は、使用法や注意点の指導があります。

  • 顎と歯の移動

    装置が装着されたら、2~3週間に1度の来院となります。治療期間は、患者さんの顔の骨格やカラダの歪みの程度、歯並びの難易度にあわせて設定されますが、状況で変わることがあります。

  • 口腔筋機能訓練

    アゴの骨と歯が動いてきますと、お口の様子が様変わりしてきます。
    新しくなった環境に適したくちびると舌の使い方を練習し、身につけていただきます。
    当院では「抜歯矯正」のための機能訓練ではなく、「成長発育」のための筋機能訓練を行っています。

  • 姿勢指導、体操指導

    お口が変わってきますと、顔や身体のバランスも変わってきます。
    ここでは積極に身体を動かし、自分の身体を使いこなすよう術(すべ)を身につけていただきます。
    立ち居振る舞いを見直すことで、自分で自分の身体の主人公になって頂きたいと考えます。、
    何かの際に、「歯医者で注意されたっけ」と思い出して下さればよろしいかと思います。。

  • 保定

    見た目の歯並びが良くなったからと、矯正装置をはずしてそのままにしておきますと、「あともどり」と言われる現象があります。「あともどり」とは言いますが、“クセ”が残っていますとそのクセが歯を引き戻してしまうのです。
    ですので、「引き戻し」をしないようにしっかりと治療をして、専用の保定装置を入れます。
    保定中も骨と歯は移動を続けているので、定期的に観察を続けます。
    身体の余計な“クセ”をなくし、自分のことは自分で律する、良い習慣を身につけましょう。

ページの先頭に戻る